苦手だった年下に対する私の心境の変化

スポンサーリンク

最近は10代の研修生を相手にする業務が多い。

私は前までは本当に年下が苦手であったが、今はそうでもなくなってきている。

むしろかわいらしいなぁとさえ思えてくる。「窓際族と新入社員の草むしり日記」でも述べた一緒に草むしりをした女の子の研修生もそうだが。

そもそも何で年下に苦手意識を感じていたのか。それは年上であるが故のプレッシャーを感じるからであった。

年上であるというプライドのせいで・・。

年上は年下よりも人生経験年数が多いから、年上は年下を引っ張っていかなければならないと昔から私は思っていました・・。

ま、これは年齢関係なく、先輩、後輩の立場であったなら、同じことが言えるが・・。

上は下を引っ張らないといけないという考えが私に染みついてたせいで、それがプレッシャーになり、社会人になる前とかは本当に年下が苦手でした。

この考えのせいで年下にはバカにされたくないとかも思っちゃって、ますます年下に対する苦手意識に拍車がかかりましたね~。

けど、今は立派なダメ人間であることを自覚しているので、年下にバカにされてようがどうでもいいと思えるようになったためか、私はけ決して年下に対して偉そうに先輩面したような態度を取ったりはしなくなりましたね。

プライドを捨ててるおかげで、年下に対しても普通に自然に接することができるようになっている。

でもそれだけじゃないんですよね、年下に対する心境の変化は。

これは母性本能なのか・・。

あるとき、10代の研修生が色々わからないことを質問してきたことがありました。

私は普段なら質問に回答するとか、回答するために調べるとかそういうこと面倒くさいから嫌いなんですけど、何かね、若い子が困ってるの見るとね、よしよしこの子のために一生懸命対応してやろうという気持ちになりましたね。

これは母性本能というやつなのか?男にも母性本能があるのか?

でも、男のほうが母性本能をもともと持っているということはたまに聞くなぁ。

ついに年下をかわいいと思えるようになっちまったか(´ω` )

ま、質問の対応に関しては、結局調べても分からなかったので回答できず、グダグダになっちゃいましたがね。ええ。

私の好感度は下がった模様・・。

ただし年下であろうと苦手なタイプは苦手

ま、それでも、頭の良くて人格がきつい人は、年下だろうが年上だろうが同年齢であろうが苦手なことに変わりませんね。

ネタにされている自覚はあるが実際その事実を身をもって感じるとダメージでかいね」でも登場した年下の生意気君とかも苦手です。

そこはやっぱしブレないですね。ま、普通の人はみなそうかもと思いますが・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする