TOHOシネマズのシネマイレージサービスが改悪されとるがな

スポンサーリンク

私は映画館はよくTOHOシネマズを利用しています。以前この記事でも言ってたっけな。

http://nbombombonds.com/2017/06/29/%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%82%92%E5%AE%89%E3%81%8F%E8%A6%B3%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%82%92%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%80%82/

そのTOHOシネマズにはシネマイレージサービスというものがありまして、シネマイレージ会員になると、6回鑑賞で1回無料で見れたり、マイル(映画の上映時間1分につき1マイル)を6000マイルまで(一部上映館では9000マイル)貯めると1ヶ月映画をタダで見放題できるフリーパスポートが貰えます。

なので映画好きな私はよくTOHOシネマズを利用しているんですが、そのシネマイレージサービスが一部変更されるみたいです。

シネマイレージサービス変更点

鑑賞ポイントの有効期限が鑑賞日から2年間になる。

鑑賞ポイントとは1回TOHOシネマズで映画を観ると、1ポイント貰えるポイントのこと。これを6ポイントまで貯めると、1回映画が無料で観ることができます。

そしてこの鑑賞ポイントは従来は有効期限が設定されていなかったんです。つまり無期限。しかし、今回のサービスの変更で有効期限が設定されてしまいました。

何だ有効期限が鑑賞日から2年もあるじゃねえかよと思うかもしれませんが、1ヶ月映画タダで見放題できるフリーパスポートが欲しい私にとっては迷惑な話なんです。

マイル稼ぎを効率的に行うため、鑑賞ポイントを貯めておくのに注意が必要になった。

どういうことかと言いますとね、まずフリーパスポートは6000マイルを貯めないと貰えません。そして、このマイルなんですが、ちゃんと有効期限が設定されてるんですよ。

このマイル、元旦の1月1日から翌年の大晦日の12月31日までの2年間を超えてしまうと、失効してしまいます。鑑賞日から2年間じゃないんですよね。

例えば、今年2017年11月1日に映画をTOHOシネマズで見て、100マイル貰えたとします。この100マイルが鑑賞日から2年間の有効期限であれば2019年の11月1日までと勘違いしてしまうかもしれません。しかし、実際この100マイルの有効期限は翌年2018年12月31日までなんですよ。つまりどの日に見ようが、翌年の12月31日までが有効期限なんです。

私は月に観る映画の本数は最近はだいたい2~3本です。映画の上映時間1本につき大体100分とすると、月に貯めれるポイントは300マイルくらい。年間だと3600マイル貯まりますね。

フリーパスポートを貰うには6000マイル必要なので、マイルの有効期限を加味すると、2年間で6000マイル貯めればフリーパスポートが貰えます。あれ余裕じゃんと思うかもしれませんが、この間鑑賞ポイントを使ってタダで映画を見てしまった場合、マイルはつかないんですよ。

つまり月に3本見て、年間36本観るとすると、鑑賞ポイントが6ポイント貯まる度に使ってしまったら、年間貯まるポイントは3100ポイントまで下がってしまう。

最近映画を見ない月もあるし、TOHOシネマズでは上映していない映画も見たりするので、3100ポイントよりも更に下回って、年間貯めれるポイントが3000ポイント未満だったりする。

したがって、効率よくマイルを貯めるには鑑賞ポイントをフリーパスポートが貰えるまで使わないという方法があるわけですよ。

これをすればフリーパスポート貰って1ヶ月タダで見放題できた後に貯まった鑑賞ポイントを消費して更にタダで数回映画が見れるという楽しいこともできる。

それが今回の改悪で鑑賞日から2年以内にポイントを消費しないといけなくなったわけだから、鑑賞ポイントを消費するタイミングを調整しなくちゃいけなくなっちまったよ。

6ポイント鑑賞、1ヶ月フリーパスポートのご利用可能座席数に上限が設けられる。

他にも鑑賞ポイントを利用して映画をタダで観る人やフリーパスポート利用者は、座席数に上限が設定されてしまいました。

つまり、これらの利用者には利用できる座席数に指定があって、この座席数が埋まってしまった場合、その上映回の映画は観ることができなくなるそう。

有料でご鑑賞されるお客様のお座席を一定の割合でご提供できるよう、6ポイント鑑賞や1ヶ月フリーパスポートをご利用のお客様が一部の上映回に偏ることが無いように、これまでの6ポイント鑑賞や1ヶ月フリーパスポートのご利用状況を踏まえ、ご利用可能座席数に上限を設けることといたしました。

※参考(https://www.tohotheater.jp/news/cinemileage20181015.html

だそうです。どんどん改悪されていく(´・ω・`)

会員の方は3時間早くチケットを購入できるようになる。

上記2つの改悪内容をフォローしようと、最後の3つ目はまあ良いですね。

でもたったの3時間かよ。こんなの普通に忘れそうだよ。それに私はだいたいチケットは当日か前日に買う派なんだよね。

だから私にとってはそこまでメリットに感じないかな。

まとめ

TOHOシネマズのマイレージサービスは改悪されてしまいました。

ま、でも鑑賞ポイントの有効期限設定に関しては、そこまで問題じゃないかも。

消費するときは6ポイントいっきに消費ですしね。6ポイントだったら映画を6本TOHOシネマズで見ないといけないから、私なら早くて2ヶ月かかる。1ヶ月に3~4本くらいしか見てないし。

だから、6000マイル貯めて、フリパスポートを手に入れるには、2年の間に1回だけでも消費しとけば問題ないかな。

て考えたらそこまで大して影響ないかも・・。

まあ座席数の上限に関してはどのくらい影響が出るかは、経験してみないと分かりませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. あき より:

    民主党政権の悪夢を繰り返さぬよう
    初めまして、こちらのブログとは場違いな内容で恐縮ですが、今回は22日に行われる衆院選において、ブログ主様に一度目に入れて頂きたい事があり、失礼とは存じますが、書き込ませて頂きました。
    こちらの成果を数字で見ても現政権を変えるべきと思うでしょうか
    http://www.google.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/getthegear/entry-12317416701.html
    国民として忘れてはならないのが2009年「一度やらせてみよう」と民主党政権が誕生しましたが、その3年間は公約をほぼ全て反故にし、80円株価8000円の超円高を進め、それにより多くの企業が倒産、失業者・自殺者が激増し日本経済は破綻寸前まで追い込まれた事は周知の通りです。
    先日新たに結成した「希望の党」や「立憲民主党」(代表の枝野氏は犯罪集団革マル派から過去800万の献金を授受)はそのほとんどが看板を替えた民主党出身者です。
    エスカレートする北朝鮮核危機を前に、すでにトランプ政権と信頼関係を確立した安倍自民党と、民主党の鞍替えである希望の党や立憲民主党のどちらに国の未来を託すかの選挙になると思います。
    ブログ主様や皆様にも、是非投票によって、今回その大事な意志を示して頂けたらと思っております。
    突然の書き込みと乱文、お詫び申し上げます。