姉よ、男に依存することなかれ

スポンサーリンク

先日次女姉の結婚式に行ってきました。次女姉の結婚相手についてはこの記事で触れています。

あ~、GWもまだ2日残ってるけど、憂鬱です。

さて結婚式の感想について語ってみようかね。

とくに感動しなかった。

結婚式って、夫と妻、それぞれの生い立ちについて写真付きで映像を流したりするじゃないですか。後、姉が大切な人(両親とか)に手紙を読み感動させる演出があったりするじゃないですか。

あれね、全く泣けませんでした。

いやあ、びっくりするくらい感動しませんでした。姉は泣きながら手紙読んでたけど、もらい泣きすることもなかった。まあ姉の生い立ちの映像で、死んだ愛犬の写真が出てきたところではウルッときたが。

感動しなかった背景にはさ、数百万も莫大なお金を掛けて結婚式を挙げるくらいなら貯金しろよっていうのもあるんだけどさ、それとはまた別の理由がありますね。

長女姉夫婦の冷え切った関係を目の当たりにしているので・・・。

長女姉の旦那が不倫騒動を起こして以降、この夫婦の関係は冷え切っているんですよね。以前にも記事で書きましたが。

長女姉の旦那のゲス不倫騒動から1ヶ月が経ってからの2人の状況を以前記事にしました。 それからさらに3ヶ月の月日が経ち、2人が今...

もういつ離婚してもおかしくない状態です。私はこの長女姉の結婚式に出席した時は、泣きました。大いに泣きました。あの幼い頃からずっと一緒だった姉が名字を変えて、ボンズ家の一員じゃなくなる寂しさ、そして色んな思い。泣きましたよ~。それが離婚しそうになっていて、またボンズ家の一員に戻ろうとしている。

今の長女姉は正直暗い。どこか暗い。

今回の次女姉だって他人事ではないのだ。だから次女姉の結婚式で泣くことはなかった。というか泣けなかった。次女姉も長女姉みたいになるかもしれないから。

父親は娘が自分のもとを巣立っていったような感覚になり、感動するのかもしれないが、離婚したらまた戻ってくるんだぞ?「お父さん、今までありがとう(うえ~ん)」とか言いながら離婚しちゃったら帰ってくるんだぞ?「お父さん、戻ってきたよ!!」って満面な笑みで戻ってくるわけじゃない。何かを悟ったような人生に諦めを感じたような暗い顔だよ。

そんなことを考えたら泣けるはずもなかった・・。

姉よ、男に依存することなかれ

離婚の危機に陥ってる長女姉のほうは、さすがに危機感を感じ始めたのか、最近は真面目に働き始め、蓄財に精を出し始めている。旦那からいつ捨てられても、大丈夫のように経済的な自立をしようと頑張り始めている。

資産運用の本も何冊か読み始め、勉強も始めたようだ。

人生何があるかわからない。今でも結婚したら妻は夫に養ってもらって当たり前と思ってる女の方は山ほどいる。SNSでも「男は奢って当然と思っているが、いい男は割り勘し、良い土産も持参する。そういう先手が長期的リターンに繋がる」とか後から男をATMにする気満々のドヤ顔で語っている女がいるくらいだしな。

うちの長女姉もそうだった。今回結婚した次女姉のほうは資産形成に励もうとしてる長女姉や実際そうしている私のことを見て「みんな勉強してて偉いわねえ。うふふ~♫」と高みの見物のような発言をしている。お前も他人事じゃねえぞ!!

女性もいつ旦那から捨てられるか分からない。片一方に寄生しようなんて考えは今の時代捨てなければならない。経済的に旦那に劣らぬよう貯金しておくべきでしょう。そうすれば離婚しても生活で露頭に迷う可能性も低くなるし、そういう女性は金銭感覚もしっかりしていると思われ、そういう女性を男性も離したくなくなると思う。もちろん逆も然りで男も一緒だ。

もう本当に他人なんか頼れませんよ。他人に期待してはダメだと強く思います。

そう思いながら次女姉の結婚式を眺めておりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする