フリーランスになる友人の言動にイラっとくる

スポンサーリンク

つい先日ミステリーショッパーを利用して居酒屋で友人と2人で飲みました。

彼は高校時代からの友人で、親友と言えるくらい仲が良く、学生時代はいつも遊んでいました。

そんな彼が今年の3月に今勤めている会社を辞めて、4月からフリーランスになるらしかった。

私は彼が社畜から解放され、フリーランスという道を進むということを聞いて、大いに歓迎しました。私が目指しているセミリタイアとは違うが、個人事業主となって会社に縛られない生き方をしようとしてるという点で同じなので、何だか少し嬉しくなったんですね。

「同志よ!!」とか思いながら酒を飲んでいると、彼が私にセミリタイアのことを聞いてきた。

友人:「最近セミリタイア計画は順調なの?」

ボンズ:「今のところ順調だと思う。給料が低いから、節約を徹底するようになってね、予定よりも資産がだいぶ増えたよ。副業(ブログやミステリーショッパー)もするようになったしね」

友人:「セミリタイアはいつしようと思ってるの?」

ボンズ:「資産状況にもよると思うけど、目標は35歳くらいにしてるよ。」

友人:「35歳かあ。それくらいの若さでお金貯めて会社辞めたいんやったら、給料増やしたほうがええやろ?節約なんて限界があるやろ?」

ボンズ:「いやあ今の会社じゃ給料上がらないからねえ」

友人:「だったら転職したらええやん。それか派遣か。若いうちやったら派遣のほうが給料高いと思うぞ。キャッシュフロー増やしたいなら給料上げるべきやな」

と、まあリスクとかなしに簡単に言ってのける友人。副業OKならアルバイトもしろよとかも言ってきましたね。

そして、突然友人はフリーランスの年収の話を始め、フリーランスになれば、20代、30代でも600万くらいは稼げるようになるとかなんとか言っていた。

何だか自分はフリーランスになることで賃金を上げられるから、給料が安いからと節約している私が滑稽に見えたのだろうか。何だかマウントを取られているようなそんな気分だった。現在のキャッシュフローについては友人は私より低いにも関わらずである。

他にも投資のことを聞いてきた。私がインデックス投資のことをそいつに話すと、友人は今度はこう言ってきた。

友人:「お前投資やってるやつと交流無いの?そういうやつと直接話して色々話聞いたらええやん。本読んでばっかじゃ参考ならんやろ。投資に詳しい人の話を聞いて参考にすべきやろ」

投資と言ってもインデックス投資なので、誰かと会って話を聞かずとも本で十分じゃないかと思いながらも、それを言おうとしたら、ここでまたフリーランスの話を始めた。自分は他にフリーランスをやっている人間と知り合いになり、コネがあると言ってきた。なんだ、またマウントを取られているのか?自分のコミュ力自慢か?何だかモヤモヤとした気持ちになる。

今度は最近何の本を読んでいるのかという話になった。

私はジェレミーシーゲル著の「株式投資」を読んでいると言って、たまたま本を持ってきていたので、友人に見せた。私はこの本を簡単に紹介した。株式の利回りにインフレや金利がどうかかわってくるのか分かって興味深いよ見たいな紹介の仕方であった。

友人:「お前、本を読むときはインプットだけじゃなく、ちゃんとアウトプットするのが大切なんやぞ。アウトプットしないと人間忘れるねんから」

と言うと、いきなり「金持ち父さん、貧乏父さん」という本の内容を語り始め、感想を述べ、お前も読めと勧めてきた。お手本でも見せたつもりなのだろうか。

私は紹介で、本の内容についてあまり深くは触れていなかったので、紹介を聞いた友人は「こいつ本の中身あまり理解していないな。」と思ったのだろう。だからアウトプットの重要さを説いてきた。

まあ正論である。私もアウトプットは重要だと最近思い始めたので、このブログでも本の感想文を書こうと考えている。だからアウトプットが重要だってのは分かっている。分かっているのだが、何だか私のやることやることケチつけられているようでイラっとしてしまった。

それに言い方が偉そう。自分がフリーランスになる夢を実現しようとしているから、少し優越感を感じているのだろうか。大企業に内定が決まった大学生が内定が無い奴や中小企業の内定しか無い奴に対しマウントを取るのと同じような構図ではないか。

私は普通に彼の会社に縛られない生き方を歓迎し、そういう生き方について色々語りたかったのだが、なんか変に俺の生き方にケチつけて説教してみたいな感じで残念であった。私はマウントの取り合いをしに来たのではない!!

あ、もしかしたらこないだ私が友人に「お前最近太ったな。ダイエットとかしないの?したほうが良いんじゃないの?俺最近体重5kg減ったんだよねー。」て言ったからその仕返しなのかな?私も奴に対して体形のことで無意識にマウントを取ってしまったからか!!

でもおデブなのは良くないと思うの。

先週木曜日までは夏日というくらい暑かったのに、金曜日からはホント寒くなりましたね。今日はあまりにも肌寒かったので暖房をつけちまいました。 ...

だから忠告しただけのつもりなんだけどなあ。

ホント、友人同士でマウントの取り合いなんてしたくないの。ただ私は色々と語り合えたら良かったの。この社会、大人になればなるほど相手の地位とか意識して優劣つけてってのが多すぎるから、そんなことはしたくないの。

友人とは普通に昔のようにバカな話して盛り上がりたい。そう思う今日この頃である。

以上ただの愚痴でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 八百祢 より:

    その友人、俗に言う意識高い系なのかな?
    何かを成し遂げた人って、アドレナリンがドッパドッパ出てるらしいです。
    マウントを取りたいとかではなく、語りたいだけじゃないかなw
    インデックス投資家は粛々と投資していくので、会話は噛み合わないと思います。
    私の周りには意識低い系しかおらず、みんな毎日パチソコ三昧ですよ。
    そんなのを横目に見て内心でマウントしている八百祢でした。

    • ボンズ より:

      八百祢様

      ああ、高いと思います。なんかプライベートでも20人くらいと映画行って感想述べあったりとかしてるらしいです。
      プライベートでも意識が高い・・。昔は結構オタクみたいな感じだったんですがね。リア充デビューしてしまったみたい。

  2. セミリタイア希望 より:

    はじめまして いつも楽しく拝読しています

    見知らぬ人のことを悪くは言いたくありませんが、私の経験的にこの友人、ネットワークビジネス、いわゆるマルチ商法にハマっている可能性がありますね。
    フリーランスというのも、ネットワークビジネス関係かもしれません。

    ネットで調べればいくらでも情報が出てきますが、
    ①「金持ち父さん貧乏父さん」を進めてくる
    ②周囲との繋がりの重要性をPRする
    ③副業の重要性を説く
    あたりはまさにマルチのそれです。
    「紹介したい人がいる」とか「大事な話がある」と言われたら警戒下さい。

    • ボンズ より:

      セミリタイア希望様

      友人に限ってまさかとは思いますが、
      もしかしたらそうかもしれませんね。
      身近な人がそうだったってことはよくありますしね。

  3. フリーランスって聞こえはいいけど、サラリーマン程の安定は望めないかもしれないですよね。フリーランスになることは簡単だと思うのですが続けていくのは並大抵のことではないので3年後に友人の状況をみてみたいですね。

    私は友人ゼロなんですが、いろいろと面倒がなくていいかなと感じています。

    • ボンズ より:

      クロスパール様

      どうなんでしょう?彼は頭が良いから何とかやってけるかもしれないし。
      まあどうなっているか楽しみにしときましょうかね。(笑)

      私も友人はゼロでも別に問題は無いです。