GONTITIの音楽を部屋で流す。

スポンサーリンク

GONTITIのサントラを買いました。

GONTITIというか、アニメ「あまんちゅ」のサントラかな。

ま、そのアニメのサントラをGONTITIが手掛けているという感じか。

曲自体はギター調のヒーリング用音楽といった感じです。

TSUTAYAでCDを取り寄せしてもらって、レンタルで1週間借りて、その間に曲をパソコンに取り込みました。

このサントラを部屋にいるときはしょっちゅう流している。レストランに流れるBGMのようにね。

GONTITIの音楽の日常生活における影響

休日に部屋にずっと居ると、虚無感に苛まれる時がある。仕事のせいでね。

そういうときに、ヒーリング曲であるGONTITIの音楽を流すと、ちょっとは落ち着く。ちょっとは。

また、勉強するときも、なかなか集中できないときはこの音楽を流している。すると少しはやる気が出て、勉強が捗る。

あくまで曲であり、歌ではないので、歌だと歌詞が頭に入ってきて集中できないが、曲なのでしばらく聴き続けていくと、雑音と同じで気にもしなくなる。

歌を口ずさむ人は多いが、BGMを口ずさむ人なんてあまり見かけませんしね。歌だと脳が歌のほうへ意識を向けてしまうが。だから勉強も捗るのかね。

よく、周りが騒がしいほうが勉強に集中できるといった話を聞きますが、そういう状態に近いですかね。

また、夜寝るときも、この音楽を流してそのまま寝ることがある。(電化製品をどんなに利用しても、電気代が月々定額である寮だからこそできることではあるが。)

特に眠りやすくなるということはないんだけど、やっぱり気分は落ち着くから、眠れないストレスにさらされるのは少し少なくなる。

ヒーリング曲がもたらす脳への影響

脳からは5種類の脳波が出ているわけですが、ヒーリング音楽は、リラックスしている時にでるα波を誘発されるため、癒しの効果があるようですが、GONTITIのサントラも良いようにα波を発しているんでしょうね。

集中力が研ぎ澄まされているときにも、α波が検出されるようなので、逆にヒーリング用の音楽を聴いてα波が発せられ、集中力が研ぎ澄まされるといった感じなのかな。

一番のメリット

やはり一番のメリットは、気分が暗く重い時に流すと、それなりに効果が大であることですね。レストランのBGMのごとく、音量小さめで流し、自分の部屋でリラックスできるのは良い。

日曜日の夕方とかに流すと良い。

完全に気分をスッキリさせるのは無理だが、落ち着かせるには良い。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする